アフターメンテナンス

太陽光発電システムはアフターメンテナンスが不必要と言われてますが本当でしょうか

「太陽光発電システムはメンテナンスがいりませんから、ご安心ください。」と言って本当に何もしない販売店がありますが、とんでもないことです。太陽光発電システムといえども機械ですのでメンテナスが全くいらないということはあり得ません。例えばエアコンなどのようにフィルターを掃除する、自動車のようにオイル交換をするなどの掃除や交換、面倒な手間は一切要りません。
しかし、定期的な点検・チェックは必ず必要なのです。

太陽光発電システムはアフターメンテナスが不必要と言われてますが本当でしょうか

太陽光発電システムのメンテナンスとは

お客様にやってい頂くメンテナスとは、できるだけ1日1回はモニターを見るということです。実は太陽光発電システムは普段何もすることがないため空気のような存在になってしまう危険性があるのです。すると知らぬ間にモニターにエラー表示が出て発電していないということもあるのです。発電していないまま気づかずに放置のままだとその間は発電ゼロです。当然売電もゼロなので損をしてしまいます。そのような損失を防ぐ為にも日常のチェックだけは行ってください。

太陽光発電システムのメンテナンスとは

当社のアフターメンテナンスサービス

工事完了後は、3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・3年・5年を目安に定期点検を行っております。各機器の点検や、発電量の計測を徹底しております。お客様の太陽光発電システムが今どのような状態であり、標準的な発電量と比較して、お客様がひと目で分かるような1年ごとの発電量の表グラフを作成し、お客様と一緒に発電量の確認を行っております。また、ソーラーパネルは、簡単な汚れや落ち葉などは雨で流れ落ちますが、黄砂や鳥のフン等、頑固に付着してしまった汚れは雨では落ちません。汚れが付着したままになると発電量の低下になります。そのため、当社では定期的に訪問・点検・洗浄を行い、お客様へ安心したサービスを提供していきます。
この他気になることがあればすぐにお電話下さい。
お客様の日程に合わせお伺いいたします。

当社のアフターメンテナンスサービス
メンテナンスの流れ