住宅リフォーム

リフォームのすすめ①【トイレ】

トイレは、どこよりもプライベートな空間であるため、家族みんなが気持ちよく安全に使え、いつでも清潔に保つことが欠かせません。
また、従来のトイレに比べて最新型のトイレは、節水や節電効果が劇的に進化しています。
最新型のトイレにリフォームして、お財布にも環境にも優しいトイレに替えてみませんか?

リフォームのすすめ

1990年代以前に製造、販売されていたトイレは、大1回で約13~20Lの水を使用します。ところが最近はどのメーカーでも節水に力を入れた結果3~6Lと約半分以下の水で流すことができます。

現在お使いのトイレの洗浄水量によっては、トイレを交換することで大きな節水効果が期待できます。
生活の使用水量の中でトイレの使用水量が約3割近く占めています。レバーをまわせば、水が流れる、トイレの使用水量を知らない、意識しない方が多いと思います。トイレの使用量を意識することが節水につながり水を作る時にはたくさんの燃料や電気も使うのでさらにCO2削減にもつながります。

洗浄水量13Lの便器をお使いのご家庭で洗浄水量6Lの節水型便器に交換した場合、節水量から換算されるCO2削減量は年間26.7kgになります。つまり、洗浄水量の少ない最新型の便器に変えるだけで「節水」だけではなく、「CO2」削減につながるエコライフ活動を行っていることになります。

※さらに、便座のヒーターも節電が進化しています※

おすすめ商品のご紹介

TOTO ネオレスト

ネオレスト

「きれい除菌水」のチカラできれい長持ち

ご使用前に、便器ボウル面にミスト(水道水)を吹きかけて、汚れを付きにくくします。さらに使用後と8時間使用しない時は「きれい除菌水」のミストを自動で吹きかけるのでトイレのきれいさが長持ちします。

パナソニック アラウーノ

アラウーノ

¨泡のパワー¨でしっかり洗う

ミリバブルとマイクロバブル2種類の泡で、しっかり汚れを落とします。洗浄後、便器内をきれいに保つため約3時間ほど、洗剤の泡が残ります。ボタンひとつで洗剤の泡が出ないようにすることも可能です。