太陽光発電

太陽光発電とは?

住宅用の太陽光発電システムは、屋根に設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。太陽のエネルギーを受けて太陽電池が発電した直流電力をパワーコンディショナ(直流電力を交流電力に変換するための装置)により家庭内で使用できる交流電力に変換し家庭内の様々な家電製品に電気を供給します。一般の太陽光発電システムでは電力会社の配電線とつながっているので発電電力が消費電力を上回った場合、電力会社へ逆に送電して電気を買い取ってもらうことができます。曇りや雨の日など発電した電力では足りない時や夜間などは従来どおり電力会社の電気を使います。

太陽光発電イラスト
導入したメリットは?

余った電力を売ることができる。

昼間に発電した電力は家庭やビルなどで使われる電気として消費することになりますが使い切れずに残った電気を電力会社が買い取ってくれる制度があります。

災害時の非常用電源となる

自然災害により停電が起こった場合などでも太陽光発電システムのパワーコンディショナから一部の電気を使えます。

電力を使いながら地球環境に貢献できる

太陽光発電のエネルギー源は太陽の光。サンサンとふりそそぐ太陽光は枯渇することのない無限のエネルギー源といえます。世界中どこでも技術を応用することが可能な太陽光発電は、世界規模で活躍しています。これとともに、大きなメリットは環境負担が小さいこと。発電時に、二酸化炭素などの大気汚染物質が発生することなく、環境に優しいクリーンなエネルギーです。

節電効果を高められる

太陽光発電では、昼間は発電した電力で生活する一方で夜間など電力が足りなくなると買電します。太陽光発電は今どれくらい電力を生み出していて、どれらい電力を消費しているのかその状況をモニターで把握することができます。そうすると節電に対する意識が自然と強まり実際に効果として表れてきます。

デメリットはあるの?

設置費用が高額

太陽光発電システムを導入するためには設置費用がかかります。頭金の準備やローン活用などの検討が必要になります。当社にご相談下さい。

発電量が日照量影響される

太陽光があたらなければ発電することができないので夜間は発電がしません。近所の建物などで日陰になってしまうと発電量が減ります。季節によって発電量は変化し、冬より夏の方が日照量が多いので発電量が多いのですが太陽電池は温度が上がりすぎると発電効率が下がり実は一番発電量が多いのは真夏よりも概ね5月です。

ソーラー写真

太陽光発電システム設置までの流れ

ご相談・図面お預かり
プランニング
ご契約
現地調査
工事着工
工事完工
保証等のお手続き
アフターメンテナンス